Works

実績紹介

企業イベント

企業イベント「想い」を最大化する演出

昨今、企業イベントの企画・演出に携わらせていただく機会が大変多くなりました。

企業イベントは様々な目的に活用することができます。例えば、社内のコミュニケーションや結束の強化。またはモチベーション向上、人材育成、離職率の改善。あるいは企業理念の浸透などに活用できます。

クライアント様の背景やお悩みは様々ですが、イベントを行うことで何かの想いを伝えたいという点は皆様共通しています。私はその想いをより効果的に、参加者に伝える手段が「演出」の役割ではないかと考えます。

その他のレアウェリナの演出例はこちら

例として弊社が演出に携わった、ある企業イベントの企画・演出例をご紹介します。このイベントのクライアント様は、直営店だけでなく全国にフランチャイズ展開をされていらっしゃいます。今回は経営に携わったフランチャイズオーナーを賞賛し、オーナー・企業双方の結束をより強固にすることが目的でした。また、この企業は関わる全ての人との「繋がりと感謝」を大切にしています。そして、そのモットーを形にしたのが今回のイベントでした。

企業の理想を体現する手紙

イベントに向けて準備を行っていく中、あることが起きました。30年以上店舗経営をされているオーナー様から参加の連絡とともに、一通の手紙が届いたのです。そこには加盟時の営業担当者や名誉会長への感謝や会社愛、他のフランチャイズオーナー様への激励が綴られていました。

 

まさにこの手紙が、この企業が理想とする「繋がりと感謝」を表現していました。クライアント担当者様も非常に感動されました。そこでクライアント様から一つのご要望があがりました。イベント内でこの手紙をご紹介し、フランチャイズオーナー様へ共有したいということでした。

想いを最大限表現する企業イベント演出方法とは

どのように手紙を紹介すれば、最も効果的にその意味や感動を伝えることが出来るか?
それが今回の私たちのミッションでした。ただ司会者が、手紙を読むだけでは画面映えしません。また、感情移入させることも難しいでしょう。

 

そこで、私たちは手紙の文面に対する表現にこだわりました。デザインやアニメーションを作成。そしてオーナー様の思い出の写真にオーバーラップさせ、その手紙に込めた「想い」を最大限表現できる演出を提案しました。

涙を呼んだ感動の演出

手紙を紹介するシーンが始まります。

 

スクリーンには感動的な手紙の内容が映し出されます。文面は手紙の質感を表現するために手書きフォントを使い、便箋の背景を合成。司会者の感情を込めた読みに合わせて文章が流れていきます。手紙を書いたオーナーの思いが視覚・聴覚を通して参加者に伝わりました。そして、店舗の歴史を感じさせる思い出深い写真も画面にインサートされます。感動的なBGMと相まって更にその想いが増幅されていきます。

 

このオーナー様の30年掛けた思いや企業の歴史が思い起こされます。ある方はその姿を自らに重ねられたでしょう。またある方はこの企業の一員であることに深い誇りを覚え、決意を新たにしたかもしれません。フランチャイズオーナー企業の中には、涙を流される方もいらっしゃったそうです。

企業イベント企画・演出のポイントとは

クライアント様からのご要望をお聞きした上で、その「想い」や主旨の本質を理解する。それを感覚に訴えかけ心に届けるのが、私たちの演出です。イベント後、クライアント様よりフランチャイズオーナー様の反応をお聞きし、改めて演出の重要性を認識しました。そしてこの仕事をやっていて良かったと思いました。

 

こちらの記事を読んで頂いた皆さんも、イベントをご検討の際は、その「想い」を是非お聞かせください。私たちの願いは、お客様の喜びです。私たちと素敵な「喜画」を一緒に作り上げていける日をお待ちしております。

 

(Witten by: R. Watabe)

概要

イベント形態
企業イベント
日程
2022年2月
会場
都内ホテル宴会場
担当業務
進行、演出、人材手配

Other Works

その他実績

  • TOP
  • 実績紹介

Top of Page